お金借りる即日ナビ【今すぐお金を借りるなら即日融資キャッシング】

なんてことありませんか?

いざお金を借りようと思ってもどうしたらいいかわからないですよね〜。

ネットであれこれ調べるといろんなことが書いてあって余計に焦ったりしませんか?

このサイトでは、現金を即日で手に入れる方法についてまとめています。お金を借りる方法をはじめての方でもわかりやすく解説しているので、お金のピンチを乗り切ってください。

今すぐお金を借りるなら消費者金融がおすすめ

即日で現金を手っ取り早く手に入れるなら消費者金融でのキャッシングをおすすめします。

消費者金融は即日融資OK!しかもはじめてお金を借りる方はは無利息サービスを利用できます。

即日融資が利用できるおすすめ消費者金融ランキングは次の通り。

ユーザーおすすめランキング

では実際に消費者金融でお金を借りる方法についてみていきましょう。

消費者金融で借りる

お金を借りる方法は

  • 銀行カードローン
  • 生命保険の契約者貸付け

など様々な方法があります。でもそれらは申し込みから融資までに時間がかかってしまうので即日お金を借りることはできません。

友達や家族以外で今すぐにお金を貸してくれるのは、消費者金融のみ!

消費者金融を初めて利用する方にとっては馴染みがなく「怖い人が取り立てにくるのでは?」と思われるかもしれませんが、CMや広告などでおなじみの大手消費者金融をはじめきちんと金融庁に登録されている業者であれば、安心して利用することができ、実際に多くの人が利用しています。

指定口座に振込してもらうなら14時までに申し込み

平日であれば比較的混雑が少なく、申し込みから融資まで早ければ30分~1時間ほどという業者がほとんどです。しかし、「指定口座に振込の場合は14時までの申込みで即日融資が可能」としている業者がほとんどですので、確実に確実に即日融資を受けたいのであれば14時までに申し込みを完了しておくことをおすすめします。

自動契約機での受け取りなら14時以降の申し込みでも可能

自動契約機でお金を受け取る場合は、14時を過ぎた時間帯の申し込みでも即日融資が可能です。インターネットから申し込みをして、審査が完了したらお近くの自動契約機でカードを受け取り、提携ATMで現金を手にすることができます。この場合も申し込みには通常30分~40分程度時間がかかり、混み合ってると想定以上に時間がかかる場合がありますので、早めに申し込みの手続きを行いましょう。

平日12時~14時、18時以降の時間帯は避ける

お昼休憩にあたる平日12時~14時と、お仕事終わりの18時以降は申込みが集中する時間帯です。そのため、業者の対応が遅くなり即日融資を受けることができないなんて場合も・・・。確実に即日融資を受けるには、これらの時間帯を避ける&できるだけ早い時間帯(午前中がベスト!)に申し込みを完了させておきましょう。

土日・祝日は自動契約機のみ

土日・祝日は「即日での指定口座への振込み」は行っていないので、上記のように自動契約機でカードを受け取り、ATMでお金を引き出す方法になります。土日・祝日も平日と同様に申込から融資までに30分~40分程度時間がかかるのに加え、混み合っている場合は更に時間がかかる場合がありますので、できるだけ時間に余裕をもって申し込みしましょう。

希望借入額は「最小限」で申し込む

今すぐにお金を借りたいのであれば、借入希望額は最小限にしておくことが大切です。なぜなら、融資額が増えるほど審査が厳しくなるので、結果的に審査に時間がかかってしまうからです。

他社での借入れが全くない場合、雇用形態別の「最小限」の目安は以下の通りです。(一般的に雇用形態によって借りることができる金額は違ってきます)

  • 上場企業の正社員、公務員:50万円
  • 上記以外の正社員:30万円
  • 契約社員、パート、アルバイト:10万円

消費者金融で借入れできるのは年収の三分の一まで!

貸金業法の総量規制では、「貸金業者が融資することができるのは年収の三分の一まで」と決められています。例えば年収が300万円の方であれば100万円が借入できる限度ということです。複数の消費者金融で借入れがある場合は、その合計が年収の三分の一までということになります。借入希望額が年収の三分の一を超えているとその時点で審査落ちしてしまいますので、注意しましょう。

即日お金を借りる時の手続きの流れ

インターネットで申し込みの場合申し込みから融資を受けるまでの一連の流れは、以下の通りです。申込みの入力ミスや書類の不備などがあると、思わぬところで時間がかかってしまいます。

  • STEP.1
    問い合わせフォームに入力
    問い合わせフォームに必要事項を入力しましょう。

  • STEP.2
    審査(必要書類の提出・在籍確認)

    免許証などの必要書類は、ネット上でアップロードすることで提出できます。

    在籍確認は、「本当に申告した会社で働いているのか?」を確認するため職場に電話がかかってくることです。

  • STEP.3
    契約
    審査が無事通れば、審査が通った旨の連絡があります。
  • STEP.4
    融資を受ける
    カードが発行されると、自動契約機で資金を引き出すことができます。

お金を借りる時に必要なモノは?

消費者金融からお金を借りる場合、本人確認書類が必要です。

希望借入額が50万円超もしくは今回の希望借入額と他社での借入残高の合計が100万円超である場合は、本人確認書類+収入証明書類が必要です。

個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認証や収入証明書類などを提出する場合は、その箇所が見えないように加工して(付箋などで隠すなど)提出する必要があることに注意しましょう。

印鑑や保証人、担保などは必要ありません。

本人確認に使用できる書類配下の通りです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票

上記の書類と現住所が異なる場合は、以下のいずれかの書類(発行日から6ヶ月以内)もプラスで必要になります。

  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書(電気・ガス・水道会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

収入証明書類として使用できる書類は、以下の通りです。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

今すぐお金を借りる時の注意点

消費者金融でお金を借りる際には、ちょっとしたミスで即日融資が叶わなかたり信用情報にキズがついたりしないように、以下の点に注意しましょう。

即日融資可能か確認する

そもそも、申込みしようと思っている消費者金融が即日融資可能な業者でなければ、今日中にお金を借りることは不可能です。CMなどでおなじみの大手の消費者金融であれば即日融資可能ですが、中小の消費者金融を利用する場合は確認する必要があります。

条件を確認する

申込み条件や即日資可能な時間帯など、消費者金融各社によって条件が若干異なりますので、申込みの際は条件を確認しましょう。

即日融資は少し高めの金利設定

即日融資してくれる消費者金融は困った時に非常に便利な一方で、銀行のカードローンなど他の方法に比べて金利が少し高めに設定されています。なので、無理のない金額できちんと返済の計画を立てて申込みすることが大切です。