低金利でお金を借りる方法

低金利でお金借りる具体的な方法

お金を借りる際には無駄な出費を極力減らして、返済までにかかる費用を抑えながら利用したいものです。
キャッシングする金額や借入期間にもよりますが、返済額を抑えるためには低金利で利用できる金融機関を選ぶということが大きなポイントとなります。
低い金利で借入ができる金融機関としては、銀行カードローンや日本政策金融公庫などの公的機関を活用する方法、また消費者金融のサービスを利用することで低金利でのキャッシングを受けることもできます。
これらの金融機関はキャッシングを利用するための条件やメリット・デメリットなどがそれぞれ異なる場合もあるので、返済プランや自分の状況を把握したうえで、適切な金融機関を選ぶことも大切です。

銀行のカードローンでお金借りると低金利って本当?

全国の銀行で扱われているカードローンは、消費者金融と比較すると低金利なものが多くあります。
大手の消費者金融の金利が約3.0%~18.0%程度となっているのに対して、大手銀行カードローンの多くは消費者金融の金利を下回っています。
・三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
・楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5%
・みずほ銀行カードローン  2.0%~14.0%
・三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 1.8~14.6%
キャッシングの金利には下限金利と上限金利が設定されており、少額の借入であればあるほど上限金利に近い金利が設定されることになります。
よって比較的少額の借入額になることが多い消費者金融や銀行カードローンでは、上限金利の低い金融機関ほどお得に利用できるケースが多くなるのです。
ただし銀行カードローンは低金利であるぶん審査において厳しく判断されるという側面もあり、消費者金融と比べるとやや敷居が高い部分もあります。

消費者金融のカードローンの無利息期間って何?

消費者金融でのキャッシングは金利が高いという印象もありますが、そのぶんサービスが充実しているのが消費者金融の強みでもあります。
消費者金融では大手を中心に金利に関するお得なサービスとして「無利息期間」を設けている消費者金融もあり、期間内であれば借入額に対して利息が発生しないという画期的なサービスです。
ただし無利息期間を利用する条件として、その金融機関の利用が初めての方のみとなっている場合が多く、2回目からは利用できない会社もあります。
無利息期間はどこの消費者金融も30日程度となっていますが、会社によって無利息期間が始まるタイミングが異なり、契約が完了した日の翌日からスタートするところや借入をした段階でスタートするところがあるので、利用の前に確認しておくことも大切です。
無利息期間を導入している消費者金融には以下の会社があります。
・レイクALSA
・アイフル
・アコム
・プロミス
・ノーローン
レイクALSAは30日間の無利息期間と5万円までの借入で180日までの無利息期間のどちらかを選ぶことができます。
またノーローンは無利息期間が1週間と短いものの、初回に限らず何度でも利用することが可能です。

日本政策金融公庫の教育ローンを賢く利用しよう!

高校生以上のお子様がいる世帯では、公的機関を利用して低金利の借入を行なうという方法もあります。
高校や大学、予備校など指定された学校に通うための費用として使われるものであれば、日本政策金融公庫の教育ローンを利用して借入を行なうこともできます。
日本政策金融公庫の教育ローンは高校生以上のお子様をお持ちの家庭で、世帯年収が指定された上限以下である場合にはどなたでも申し込むことができるローンです。
借入金の用途は直接学校に納付する入学金や授業料以外にも、住居費や備品購入費、受験のための交通費など幅広く使うことができます。
お子様1人につき350万円までの借入が可能で、金利は年1.78%の固定金利となっています。
返済までの期間は15年以内となっており、計画的に返済をしていくことが可能です。

まとめ

借入をすることができる金融機関は、民間会社から公的なものまで数多くあります。
まずは自分の状況を把握して、どの金融機関が最もお得に利用できるのかを確認することが重要なポイントです。
またキャッシングは金利だけでなく返済期間によっても費用が変わってきます。
金利や条件だけでなく、利用の前には借入金額や返済までの期間などを計算してシミュレーションを行なうことで、返済までにかかる費用を抑えながら利用することができる金融機関が見えてくるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です