契約社員が即日でお金を借りる方法【今すぐお金借りたい!】

契約社員でも安定した収入があれば、お金を借りることは可能だ

急な出費が発生した時に役立つのがカードローンやキャッシングでの融資です。消費者金融会社などと契約する事で利用する事が可能ですが、近年では数多くの金融会社が様々な融資サービスを提供していますので利用者にとってはニーズにあったものを探し易くなっています。契約社員がこのようなサービスを利用したいと考えますと、申込みをして審査を通過するには安定した収入があれば、お金を借りる事は十分に可能です。審査のクリアには収入状況が大きなウェイトを占めています。

契約社員がキャッシング審査を受ける場合、注意することとは?

契約社員がキャッシングの申込みをし、審査を受ける過程において意識しておくべき事は、年収や勤続年数はもちろんの事、借入額や返済期間も重要な要素です。キャッシングは貸金業法の下で提供されているサービスであり、この法律では多重債務防止の為に総量規制という仕組みが導入されています。この総量規制は利用者の年収の3分の1までの総限度額までしか借入が出来なくなっています。つまり、利用者が新たにキャッシングの申込みをした時に既に総量規制で定められた総限度額が超えていますと審査の段階で通過出来ないといった事態が起こります。他社の借入状況は審査において重要な要素であり、契約社員であっても、この要素をクリアしておかなければいけません。一方で、過去にどの金融会社からお金を借りておらず、現在借入が無いといった場合には、総量規制はほぼ気にせずに済み、キャッシングの新規申込みをすると良いでしょう。消費者金融会社や信販会社は貸金業法の下で営業をしています。それらの会社から融資を受けるという事は、常に総量規制が適用される事を意味しています。

契約社員が審査に通りやすくするポイント

契約社員は派遣社員とは違って、企業や地方自治体などから直接雇用されていますので、申込みをする際には勤務先は現在所属している企業名を記入します。契約社員でも審査が通り易くなるポイントはここにあり、所属している企業が明らかであるという事は身元が確認出来る事になりますので、消費者金融会社としても信用が出来ます。少しでも審査を通り易くするには、身元をハッキリとさせておく事が重要です。契約社員の場合は他の非正規雇用とは違って、正社員に近い属性になる事が多いです。
契約社員が申し込んで有利になる要素は他にもあり、勤務先での勤続年数が長い事も審査において考慮されます。勤続年数が長くなりますと、それだけ返済能力があると考えられますので、審査に通り易くなるのです。社会保険に関しても、国民健康保険よりも社会保険に入っている方が有利になる事が多いです。社会保険料を支払っているので、企業から毎月天引きされており、安定した収入を得られているとされるからです。

いくらまでなら借入できる??契約社員のキャッシング

消費者金融会社や信販会社からキャッシングで融資を受ける際に、どれくらいまで借入が出来るでしょうか。貸金業法の総量規制は、複数の金融会社から借入があっても限度額の総額が利用者の年収の3分の1未満までしか限度額が設定されません。新規に申込みをする時に注意するポイントがここにあり、限度額の総額が年収の3分の1以上になっていないかどうか確認する必要があります。限度額の総額を高めるには、年収でいくら貰っているかが重要になってきます。100万円を超える借入をしたいなら、300万円以上の年収が求められます。

契約社員が在籍確認の際の注意点・乗り越える方法について

在籍確認を行う消費者金融会社は現在でも存在します。しかし、モビットなどでは申込時に在籍状況が確認出来る書類を併せて提出しておく事で在籍確認無しで審査を行う事も可能です。在籍確認がある場合は、審査の担当者が申込者が記入した勤務先に電話をかけます。この時に申込者が不在であっても、不在である事が確認出来るだけで本人確認をする事が出来ます。もちろん、本人が電話に出ても構いません。実際に企業に在籍して働いている事が確認出来れば、消費者金融会社は信用して審査を進める上で考慮してくれる事になります。一方で、在籍確認の電話に出なければ、消費者金融会社側で審査を進める事が出来なくなってしまいますので、審査を通過したい場合には必ず在籍確認の電話に出るようにしておきましょう。
契約社員がキャッシングを利用出来るようになるには、安定した収入がある事、身元がしっかりとしている事を証明するのが一番の近道です。在籍確認を確実に受ける事で審査を通過する事が出来ます。

まとめ

契約社員でも、安定した収入があり、身元確認が取れれば、消費者金融会社などのキャッシングを利用する事が出来ます。審査を通過する必要がありますが、返済能力があるという事を証明する事が出来れば、ほぼ融資を受けられるようになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です