学生がお金を借りる方法

「学生でもアルバイトなどの安定した収入があれば、カードローンの利用は可能だ」という事実について

学生、しかも未成年だったらお金なんて借りられない。旅行をしたいからお金を借りたいけど借りたことがないからなんだか不安。
そう言った気持ちになることは少なくありません。
しかし、そういった方でもお金を借りることはできます。
学生であっても20歳以上でアルバイトなどの安定した収入があればカードローンが利用できますし、20歳未満でも、親の了承があればクレジットカードを作成することができお金も借りられます。身近な友達からお金を借りるという手もあるかもしれませんが、ちょっとでも返すのが遅れれば信用を失くす原因になりますし、学生時代の人間関係が修復不能なくらい壊されることだってありますから、そういったところから借りた方がずっと安心なのです。
ただ、借金は必ず返さなければいけないのでカードローンの利用は、計画的に利用することです。
それさえ守ればお金を借りることは簡単なので、今回この学生のカードローンなどについてお話しします。

20歳以上でアルバイトなどの収入があればカードローンは利用できる!

冒頭でもお話ししましたが、学生でも20歳以上でルバイトなどの収入があればカードローンは利用できます。
利用できる権利はあるけど、お金を借りるのが不安という方におすすめなのが大手のカードローン会社です。
特にアコムとプロミスをおすすめします。
実績のある会社でそれぞれ三菱UFJ銀行と三井住友銀行という大手銀行のグループ企業という信用もありますし、無利息期間がある点もおすすめしたいポイントです。
ただ、アコムは契約した翌日から30日に対して、プロミスは借りた日から30日間という違いがあり、契約→借りるという流れなのでほぼ同じ期間と見なしていいですが、契約日と同じ日にお金を受け取った場合はアコムの方が期間が長く、契約日の2日目以降にお金を受け取ったらプロミスの方が長くなるので注意してください。

20歳になっていない未成年の場合はどうすれば?

20歳未満の場合はどうなるのでしょうか。
結論を言うと20歳以上よりお金を借りることが難しくなりますが可能です。
まずカードローンではなく、クレジットカードのローンでお金を借りるのが手軽な方法です。
基本的にカードローンは未成年の契約行為の禁止が法律で定められている関係上カードローンの契約を行うことができません。
そう言った言いでクレジットカードを契約し、クレジットカードのキャッシング枠という枠でお金を借りるのが良いです。
また、学生専用のカードローンとなる学生ローンを利用する方法もあります。
これは未成年であっても学生であることの有無に関わらず借りられることができるローンで便利なお金の借り方です。
ただ、利息がやや高めなので、返済が少し大変というデメリットがありますし、親にもバレます。
また、例外的に20歳未満であっても就職し安定した収入があったり、結婚している場合や親の同意を得ている場合は成人と見なされ、カードローンが組める場合があるものの、先ほど紹介した大手二社の場合は未成年と見なし、借りられない場合が多く、それ以外のカードローン会社を当たることになるので、未成年の場合はクレジットカードや学生ローンなどの利用が現実的です。

まとめ

カードローンなどお金を借りるうえで20歳というのは非常に重要です。
お金の借りやすさと借りる手段の種類がまるで違います。
それに借りても親にバレないというのも大きなポイントです。
ただ、そういった点を我慢すれば、未成年の学生であってもクレジットカードのキャッシングや学生ローンと言った手段があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です