派遣社員のお金借りる方法

派遣社員でも安定した収入があれば、お金を借りることは可能だ

働き方が多様化している現代において、正社員しかお金を借入出来なければ様々な支障が出てしまいがちです。なぜなら、貸金業法が改正されて以降は従来よりも低金利融資を行う必要があり、貸付額が少ないと金融業者は人件費を支えきれない状態になっているからです。無職では借入が出来ないことは返済能力が無いため明らかですが、派遣社員であっても同じ派遣元経由で継続勤務している場所があるならば、安定した収入とみなされてカードローン審査に通る可能性があります。

派遣社員がキャッシング審査を受ける場合、注意することとは?

派遣社員がキャッシング審査を受ける際には、正社員よりもやや厳しい条件となるケースがあるので、申込先の金融業者による特徴を理解した上で審査を受ける必要があります。勤続年数が1年以上あり、年収300万円以上で他社借入が無ければ、多くの大手消費者金融での審査に通過しやすいです。一方、中小消費者金融ならば勤続年数6ヶ月以上かつ年収100万円以上ならば審査に通りやすく、他社借入があっても借入総額と返済状況次第で審査に通ることもあります。派遣社員は、同じ派遣先へ連続して3年間以内という制限があるものの、派遣先を変えれば継続勤務が可能です。派遣元の継続勤務年数が長ければ、派遣先が変わっても勤続年数としてカウント出来るので、無闇に派遣元を変更しないことが望ましいです。

派遣社員が審査に通りやすくするポイント

派遣会社がカードローン審査に申し込みする際には、派遣先は随時変わるものとして派遣元の会社名で申し込みすると通りやすくなります。なぜなら、キャッシング審査を行う際には、身分証明書確認や勤務先への在籍確認が行われますが、派遣先へ電話連絡されても派遣社員については回答自体行わない会社が少なくないからです。在籍確認が取れなければ、キャッシング審査に通ることは無いので、派遣元の会社名で申し込みをしておけば在籍確認電話は派遣元に掛かってきます。クレジットカード申し込みしたとでも言っておけば、派遣元でしっかり対応してもらえるので安心して良いでしょう。派遣先で名前をしっかり把握された上で働いている場合を除き、入れ替わりがある派遣社員に対して直属の上司以外が派遣先で興味関心を持ち対応してくれるとは限りません。同じ条件で審査を受けるなら、在籍確認を取りやすい派遣元の会社名での申し込みが望ましいです。

いくらまでなら借入できる??派遣社員のキャッシング

派遣社員の年収は、派遣先の勤務内容と保有資格により変わるので、年収のバラツキが多いことで知られています。消費者金融を始めとする貸金業法に基づく融資を行う貸金業者は、銀行とは異なり総量規制により年収の1/3までの融資しか受けられません。他社を含めて利用限度額の合計が年収の1/3に到達すると、新規申し込みをしても審査落ちになりやすいです。このため、信販会社や消費者金融のカードローンは、他社も含めて年収の1/3以内と考えておくと良いでしょう。一方、銀行カードローンについては銀行法という別の法律に基づき融資を行っているので、総量規制には抵触しません。独自審査により銀行カードローンは融資をするので、実際には審査を受けてみないと分からないわけです。

派遣社員が在籍確認の際の注意点・乗り越える方法について

派遣社員の在籍確認は、派遣元を勤務会社として届け出ておけば、原則として派遣元に電話連絡が入ります。キャッシング審査における在籍確認電話は、銀行以外なら個人名で担当者が電話連絡を入れるので、本人が電話口に出なくても明確に在籍していないと電話口に出た担当者に言われない限り問題ありません。在籍確認の電話に対して不在時の折返し電話連絡を希望すると、電話番号から借入先金融業者についてバレる可能性があるので、クレジットカード申し込みがあるからと派遣元に一声掛けておくだけで良いでしょう。派遣社員が正社員として届け出てしまうと、派遣元が出向先への電話連絡を促してしまうとすぐにバレます。在籍確認電話は、本人がいかに正直かつ正確な勤務先情報を申込時に記入しているかを確認するためだと知って置かなければなりません。

派遣社員が使うべきおすすめカードローンについて

大手消費者金融の中には、無利息期間を設けている会社が少なくありません。実際に審査を受けてみなければ、金利設定と利用限度額は決まらないので50万円以内といった少額希望ならば金利差は少ない傾向になります。しかし、無料期間についてはプロミスとアコムが30日間無利息に対して、レイクALSAは30日間無利息または180日間5万円以内の分について無利息のどらちかを選択という違いがあるわけです。申し込み審査を受けてすぐに30日間無利息サービスを使用して借入と返済を行うならば、30日間無利息が有利です。しかし、最初から50万円といった一括返済が難しく半年以上かけて返済を行うならば、レイクALSAの180日5万円以内無利息サービスが最も利息を抑えられます。実際には設定金利により違いがあるものの、年率18.0%以内での融資を受けられるので、利用限度額100万円以上にならない限り年率15%以下になる可能性は低いです。3社共に即日融資に対応しているので、融資に必要な専用ローンカード発行場所として、自動契約機が近い消費者金融を選ぶと良いでしょう。

まとめ

派遣社員であっても、継続して同じ派遣元で1年以上勤務しているならば、安定した収入があるとみなされてキャッシング審査に通る可能性があります。大手消費者金融ほど他社借入件数については厳しく、中小消費者金融ほど柔軟な傾向が強いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です