シニア・高齢者がお金を借りる方法【シニア向けローン】

シニアがお金を借りにくいのは事実

シニアがお金を借りにくいのは収入が安定していないからです。多くの所が年金はあくまで定期的な収入とみなされることは少なく、どうしても無収入という扱いになってしまうことになります。カードローンとかキャッシング業者などは65歳以下程度を貸し付けることができる上限年齢としていることが多いです。これは法律的に決まっている年齢と言うわけではないのですがそのあたりから平均的に返済能力が落ちるという判断をされている、と言うことになります。ちなみに65歳未満のときにカードローンのカードを発行してもらっていたとしても65歳を超えたときに返還を求められることになります。このように高齢者はお金が借りにくいのは確かなのです。

70歳以上の方は市役所や公的金融機関を検討してみては?

自治体などが実はお金を貸してくれるサービスをやっています。例えば福祉医療機構がやっている年金担保貸付というのがあります。日本政策金融公庫なども災害補償年金担保貸付をしています。これは要するに年金を受け取る権利を担保にしてお金を貸してもらえるというものです。メリットとしては年金の範囲内であれば借りられる可能性が高いということではあるのですが、返済は自由に金額などを決められるわけではなく、返済は毎月の年金から天引きされていくことはネックといえるでしょう。しかし、どの道、返済はする必要性があるのですから、これはそこまで大きなデメリットではないでしょう。ちなみに利点として消費者金融などの返済のために借りる、という事も可能です。

70歳以上OKのカードローンは少ないですがフリーローンなら?!

決して多いというわけではないのですが銀行のフリーローンの中には七十歳程度までであれば貸してくれる所はあります。場合によっては七十歳を超えている場合でも問題ないとするところもあります。特徴としてあるのは 一般向けのローンに比べて利用限度額が低い部分がありますし、保証人が必要な場合があるのですが、それでもまだ借りられる可能性があるということになりますので金融機関系のフリーローンで七十歳を超えても大丈夫そうなものを探してみると良いでしょう。ちなみにさすがにその年齢でも貸せるということは一つの金融機関としての売りになりますから、割と見つけることは簡単にできます。但し、審査はありますからそれに通過する必要性があります。

リバースモーゲージってご存知ですか?

自分自身の信用のみだけではどうしても高齢者ですと返済能力に不安があるという評価を受けざるを得ないのですがもう家があるのであればリバースモーゲージという形でお金を借りるという方法もあります。家を担保にして老後の生活費などを分割して受け取ることができるように借り入れるというやり方です。自分が死んだ時には家をそのまま差し出すという形になります。遺産として残すことができないということにはなるのですが生活費の確保を確実に行えるという点においてメリットは大きくあることでしょう。 当然、リスクもあります。借り入れる金額では老後の資金として足りないという場合もあります。長生きすればするほどその費用が嵩むからです。

まとめ

基本的には高齢者はお金の借り入れが難しいです。ですが年金を担保に貸してくれるほぼ公的な機関はありますし、金融機関のフリーローンであれば七十歳を超えても貸してくれる可能性があるところは残っているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です