個人事業主(フリーランス)のお金借りる方法

「個人事業主がお金を借りることは難しい」という事実について

個人事業主は安定した収入を得ている方が多くはありません。
そのため運転資金などで困っている人は少なくないのです。
そんな個人事業主はお金を借りて挽回するという機会も非常に限られています。
つまり、お金を借りることが難しいのです。
その理由として、個人事業主は収入が安定しない面があるため、貸す側であるカード会社から見て審査を通すのが難しい判断を下すことが多く、審査に通らなかったりします。
かと言って、審査すら受けないというのはもったいないので、まずは審査を受けることが重要です。
100%無理ではないので、まずは受けてみることをお勧めします。
もちろん審査の受けすぎも禁物です。
申し込みブラック(後述)という状態になりかね無いからです。
ただ、カードローンに頼らず事業資金の調達であれば日本政策金融公庫のことや、ファクタリングという方法もあるので当たってみるという手もあります。

個人事業主が融資を受けづらい理由とは?

個人事業主は会社員の人たちに比べてお金が借りにくいです。
例え収入が会社員の方よりも多くても審査が通らないことは珍しくありません。
その理由として、一見すると収入が低く見えることと、不安定なことです。
お金を借りる場合、収入証明書が必要となります。
この証明書は自営業者の場合、収入の多くが経費で消えていることから差し引いた所得が100万円台ということも珍しくありません。
あまり好ましいことではありませんが、税金対策を取っている個人事業主の方の場合は特に顕著です。
貸す側は所得を見て判断することが多いので、所得が少なければそれだけ融資がしにくいという印象を受けます。
さらに、個人事業主は本人が病気などになると収入が途絶えることも少なくないため、それも貸す側からすれば悪い印象があります。
そう言った理由で個人事業主に融資を行うのを断ることが少なくないのです。

複数の同時申し込みは厳禁!初心者が陥りやすい『申込みブラックとは』

冒頭でもお話しした申込みブラックという言葉についてお話しします。
申し込みブラックというのは、短期間のうちに複数のカードローンや融資の申し込み、あるいはクレジットカードの申し込みを行ったことによって、あたかも申し込んだ人本人がブラックリスト入りしてしまっているかのように様々な融資の審査が通らなくなることを言います。
これは審査が通るか不安な初心者の方がしてしまいがちなミスで、審査落ちのすべり止めという形で複数の金融機関に融資の申し込みをしてしまうことで起きることが多いです。
そういった申込みブラックを避けるためにも、銀行カードローンと消費者金融のカードローンそれぞれ1社ずつの合計2社程度の同時申し込みにとどめておくことが申込みブラックを避ける対策となります。

個人事業主が事業資金以外を今日でも借りられるカードローンとは?

個人事業主が事業資金以外を今日でも借りられるカードローンがあります。
こういった融資は会社員など安定した収入の方しかできないと思いがちですが、キャッシング・カードローンを使えば問題なく融資が受けられます。
小口融資で金額は少ないですが、スピーディーに借りることが可能です。
ただし、「事業性資金」(事業の運転資金)には利用できないという決まりがあるため、あくまで生活資金の調達という目的に限られる点に注意が必要です。

個人事業主が事業資金を借りられるカードローンとは?

会社員が通るような審査も個人事業主では通らないという点で、かなり不利なことも多い融資ですが、個人事業主が事業資金を借りられるカードローンという個人事業主向けの金融商品もあります。
このカードローンの大きな特徴は総量規制がない点です。
総量規制とは収入の1/3以上の金額は借りられないというもので、この金融商品は総量規制がないため、場合によって年収以上の金額のローンを組むことが可能となっています。
ただ、収入証明書の提出や審査に1週間程度かかる場合があるという点がデメリットとなっています。

日本政策金融公庫とは

事業性資金という形でどうしても資金が必要な場合は日本政策金融公庫からの資金調達も可能です。
日本政策金融公庫とは財務省が管理する特殊会社で、中小企業や個人事業主の資金調達支援を行う組織です。
平たく言うと銀行で融資が受けられない中小企業や個人事業主に対して、事業の内容を吟味したうえで比較的緩やかな審査と比較的低い利息で融資が受けられる所で、事業に関わる資金で融資を受けたい場合は優先的に相談することをお勧めしたいのが日本政策金融公庫です。

ファクタリングとは?

ファクタリングとは資金調達方法の一つです。
これは売掛金という品物を渡して代金をもらうのを待っている状態のお金を利用した資金調達法で、売掛金を受け取る権利を売ってお金を受け取る方法になります。
メリットとしては周りに気付かれずにすぐにお金を手にすることができる点、信用情報へ影響しない点(負債の記録がつかない)、保証人が要らない、審査が通りやすいなど多くのものがある反面、手数料が高く売掛金の何割か少ない買取金額になるのと債権譲渡登記などの手続きが必要な点などのデメリットもあります。

個人事業主がお金を借りることに関する口コミ

個人事業主がお金を借りることに関する口コミ①

個人事業主でも特定の消費者金融や銀行からお金を借りることができ、現在も完済を目指して少しずつお金を返済している状況です。少しでも個人事業主で融資を受けられるようにするには、個人事業主に対して積極的な融資をしている消費者金融や銀行を選ぶのがポイントです。
その他にもどのような仕事をしているのか消費者金融や銀行に対し、細かく説明をしなくてはいけません。ここで説明を怠ってしまうと好印象を与えるのが難しくなってしまい、融資が厳しくなるので注意しないといけないです。更に確定申告の書類と収支内訳表を準備しておけば、個人事業主として安定した収入を確保しているのか審査してもらえるので、融資を受けられる可能性が出てきます。
実際に個人事業主として契約できた消費者金融や銀行は、確定申告の書類や収支内訳表を提出してから審査を実施してもらいました。

個人事業主がお金を借りることに関する口コミ②

以前銀行でキャッシングの申込みをしました。個人事業主として働いておりますが、一定のキャッシュフローは確保できているため審査自体はあまり時間がかかりませんでした。ただキャッシングの利用する際に定められている利率は比較的高めであり、多少のリスクがあるとの認定でした。当時の銀行の担当に言われた言葉が、個人事業主の方でも近年売り上げが増加していたり、将来性がある業種であれば比較的利率は低めとの事でした。個人事業主の方がキャッシングをする際は、勤め人とは違い企業勤めではなくなるので、信用問題が発生します。その信用問題の分を、売り上げ等含めカバーできる計数があれば個人事業主の方にも比較的容易にキャッシングできます。

日本政策金融公庫からの資金調達に関する口コミ①

以前事業資金が必要で日本政策金融公庫から運転資金の調達しました。運転資金の具体的な内容については、売り上げ増加に伴う新規従業員雇用のための給与支払諸経費でした。審査の際には直近3年分の確定申告書提出し、キャッシュフローを算出していただきました。幸いにも事業自体が好調で、キャッシュフローを算出できていたため、借り入れの審査事態は1ヵ月ほどで完了いたしました。契約等も膨大な量の書類があるわけではなく、金銭消費貸借契約書を使って借り入れの契約を行いました。今後運転資金を再度申し込む際には売り上げの増加は必須になると担当の方がおっしゃっていたので、借り入れをする際には少なくとも直近の計画や売り上げの推移等説明する必要があると思います。

日本政策金融公庫からの資金調達に関する口コミ②

不動産投資を目的とした資金調達を、2016年末頃に実行いたしました。
対象物件は北海道にある木造中古アパートで、耐用年数が超過していたため、一般的な金融機関からの資金調達は難しい案件でした。

結果としては融資機関150ヵ月、金利1.61%でご実行頂きました。
10%代後半の高利回りに加え、大学が近くにあったため恒久的な賃貸需要が見込めるという事もあり、事業性が高いと判断いただいたようです。
また、私自身過去の不動産投資実績があり、既に一定の事業性を有していた事も評価対象となったとの事でした。

この時、不動産仲介業者の方からファイナンスアレンジを頂いたのですが、その後当時の担当の方と食事に行った際に聞いた話では、現在は私が融資を受けた当時と比べ、不動産投資目的への融資はかなり消極的だ、とのお話でした。
ただし、事業性が認められる程度の利回りであればまだ可能性はある、また支店によってかなりスタンスは異なる、という様な事も仰っていたので、今後日本政策金融公庫からの融資を検討するのであれば、知識のある第三者の協力が必須であると感じます。

ファクタリングによる資金繰りに関する口コミ①
現在個人事業主として事業を行っておりますが、事業の上で売掛等が多く発生する業種であり、また売掛のサイト等もバラバラであり運転資金が過大になってしまうことがあります。そのためファクタリングを利用して資金繰りを調整する話をいただき実際に利用させていただきました。ファクタリングにより計上した売掛を、売掛回収よりも早い期間で現金化できるので、次の仕事等を契約しやすくなりより早い回転率で仕事を行うことができます。ただ売掛先によってはファクタリングを利用できない可能性もありますので、元請先や受注先等としっかりとファクタリングの契約について話をする必要があります。私自身はファクタリングを利用することにより、従来の1.5倍の量の仕事をさばけるようになりました。
ファクタリングによる資金繰りに関する口コミ②
どうしても資金は喫緊に必要になってきたということがあり、売掛金を買い取ってもらうということをしました。買取という形にしたのですがそうではないやり方もあるようです。しかし、私は多少なりとも不安があったので買取にしました。即日に会ってくれるファクタリングサービスのところをいくつか知っていたのでそこにお願いすることによって何とか資金繰りはクリアすることができました。何と言っても即日に振り込みをしてくれたというのが実にありがたいことでした。ずるずると伸ばされているのではファクタリングサービスを利用する意味がないからです。まず、こちらからいくつかの情報を提供して、ということになりますが大して手間ではなかったのでよかったです。

まとめ

個人事業主は自由に事業を行えるという自由さがあります。
その代償として会社員に比べ信用が低く、ローンを組みにくいという欠点もあるのです。
しかし、自由である分資金調達も会社員ができないような総量規制のない個人事業主向けローンやファクタリング、日本政策金融公庫と言った組織の利用もできます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です