女性のお金の借り方

「女性でも安心してカードローンやキャッシングを利用することは可能だ」という事実について

急な支出や思わぬ事態により、カードローンやキャッシングを利用しなければならない状況は誰にでも起こり得ます。しかし、初めてカードローンを申込みしようと考えている女性にとって、本当に借りられるのか不安になっても不思議ではありません。女性専用キャッシングサービスを用意しているプロミスやアイフルといった大手消費者金融も登場しているので、貸金業者からの借入を希望している人が必ずしも男性ばかりでは無いことが分かります。貸金業者にとっても新たな顧客を増やすために、カードローン申込みのハードルを下げる工夫をおこなっている所が増えています。もし、専業主婦だからカードローン申込みが難しいと考えているならば、配偶者の収入で審査をしてもらえる銀行カードローンに絞って申込みをするという方法を知っておくと良いです。女性でもカードローン申込先を選ぶことで、安心して借入が出来ます。

通常のキャッシングと女性専用キャッシングの違いとは?

通常のキャッシングに対して女性専用キャッシングの存在は、何が違うのか分からない人も少なくありません。実際に金利を比較しても通常のキャッシングと女性専用キャッシングに違いは無いことから、詳しい事情を知らないと意味があるのかと考えてしまいがちです。しかし、女性専用キャッシングには次のようなポイントがあると知っておくだけでも、女性の加入者を増やしたいという貸金業者の意図が分かります。

・専用オペレーターとして申込内容確認から審査・借入に至るまで女性オペレーターのみが出る専用電話番号を用意している
・利用限度額を50万円以内と最初から制限することにより、収入証明書提出義務を最小限に留める
・WEB完結申込や振込融資といった誰にも会わずに審査と契約が出来る仕組みを採用している

女性にとって、初めてキャッシングを行う際に男性オペレーターが出たらどうしようという緊張感が出てしまいがちです。自動契約機コーナーへ直接出向くことが憚られることは、女性の立場に立ってヒアリング調査を行った結果を反映したものとなります。女性専用キャッシングを利用すると、常に対応する相手は女性になりますが、利用限度額が多くても50万円程度と少なくなる点を予め把握しておく必要があります。

女性専用キャッシングを申し込む前に注意すべきポイントとは?

女性専用キャッシングを選ぶ際には、同一金利設定であっても複数の貸金業者が類似サービスを提供しています。新たな申込み先を選ぶ際に比較すると良い項目として、次の3点を確認しておくと良いでしょう。
・WEB完結申込により自宅から一歩も出ずに借入まで可能か
・貸金業法に基づく総量規制の対象となるカードローンか
・初回限定で無利息キャッシングを行えるならどのような条件なのか
カードローンを申し込む女性本人に収入があるならば、前年度の年収に対して1/3以内迄の借入ならば総量規制に抵触しません。総量規制に抵触しかねない場合と、女性本人が働いていない専業主婦の場合には、最初から総量規制対象外の銀行カードローンを視野に入れると良いです。また、初回限定で30日間無利息キャッシングを行っている貸金業者は、審査完了時から30日間無利息と初回借入から30日間無利息の2種類があります。審査完了時から無利息期間がスタートすると、実質的に特典を受けられる期間が少なくなる点に注意が必要です。

女性キャッシング初心者が気を付けたいこととは?

キャッシング経験が無い女性が初めての借入で気をつけることとして、正規の貸金業者から貸付条件をしっかり確認した上で必要額のみ借入をする点が挙げられます。なぜなら、正規の貸金業者ならば利息制限法に定められた上限金利以内での融資のみが行われるので、法外な利息を請求される心配が無いからです。また、貸付条件をしっかり確認した上で借入を行えば、返済計画を立てて借入しないと返済遅れが発生した際に遅延損害金が高く一括返済を求められてしまうケースがあると最初から分かります。利用限度額はあくまでも借入可能な上限金額であって、必要以上の融資を受けてしまうと返済がキツくなる可能性があると知っておくことが大切です。利息は日割り計算で元金・金利・借入期間の日数に応じて増えるので、なるべく少額を短期間だけ借りてすぐに返済することが重要だと分かります。最初から多額を借りてしまうと返済に苦しむことになるので、毎月返済可能な金額から借入可能額を逆算して考えるくらいの慎重さが求められます。

女性専用、話題のキャッシングを比較

女性専用のキャッシングサービスを設けている貸金業者は多数ありますが、違いを知るためにも主要5つのキャッシング会社を比較すると分かりやすいです。

  • レディースレイクALSA 年率4.5~18.0%1~500万円5万円迄180日間無利息または30日間無利息期間有り 平日14時迄に審査と本人確認完了で最短即日融資可能
  • プロミスレディース年率4.5~17.8%最高1~500万円30日間無利息期間有り 原則24時間最短10秒でお振込可能
  • 女性のためのノーローン年率4.9~18.0%最高1~300万円7日間無利息期間有り 楽天銀行に口座があれば平日17時までの審査完了で即日融資可能
  • ベルーナノーティス年率8.0~18.0%1~100万円対象配偶者貸付制度有り 審査時間は遅めで翌日以降になることも多い
  • エレガンス年率10.00~20.00%1~50万円対象配偶者貸付制度有り 審査完了後に必要書類提出を平日15時迄に済ませれば即日融資可能

女性専用の人気のキャッシングはここ!

女性専用のキャッシングサービスを用意している金融業者には、消費者金融だけでなく銀行カードローンもあります。中でも人気が高いカードローンについては、次のような特徴があります。

プロミス

三井住友銀行またはジャパンネット銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行の口座があれば、原則24時間いつでも好きな時に融資を受けられます。審査完了を先に済ませておくだけで、必要な時に必要が額をすぐに借入可能です。

アイフル

独立系消費者金融として、他の大手消費者金融や銀行カードローンとは異なる独自の審査基準を持っています。女性専用コールセンターの運用時間が長く、返済相談も気軽に受付しています。

アコム

楽天銀行の口座を持っていれば、カードローン審査完了後いつでも24時間すぐに振込融資を受けられます。

モビット

WEB完結申込みを行うことで、申込みから審査完了まで不備が無い限り一切の電話連絡無しで手続きが完了します。誰とも話さずに契約出来る点が、女性にとっても利用しやすいと支持されているわけです。

三井住友銀行

銀行カードローンとしてメガバンクならではの信用があり、三井住友銀行ローン契約機を利用出来るので誰かにATMコーナー出入りを見られても恥ずかしくありません。

新生銀行レイク

配偶者貸付制度を利用出来るだけでなく、総量規制対象外となっているので消費者金融譲りの柔軟審査と自動契約コーナーの利便性を併せ持ちます。

イオン銀行

クレジットカードとの連携に優れているので、イオン銀行のキャッシュカード・ローンカードとクレジットカードを一括管理出来ます。家計を預かる主婦であっても総量規制対象外の銀行カードローンならば、自分名義で契約できて安心です。

楽天銀行

楽天カードとの連携に優れていて、取引状況により金利優遇サービスも受けられます。楽天銀行カードローン契約があれば、楽天ポイントクラブの会員特典を受ける際に必要なステージを高ランクで確保出来ます。

まとめ

女性専用キャッシングサービスは、金融業者利用比率が男性に比べて少ない女性比率を高めるために利用しやすさを意識して各社が行っています。オペレーターを女性のみとする工夫を行うことで、電話連絡1つに対しても気負い無く利用できる点を目指すなど、身近な存在として利用しやすい環境を各社目指しているわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です